自分の当たり前

こんにちはシンクレアです

 

このブログは 障害者である 当人の

 

美容 スキンケア メイク などの

 

奮闘記です

 

当人が 独学 初心者であるため

 

誤った記載があることを 念頭に ご覧ください

 

障害について の 勉強は しておりませんが

 

主治医による 診察時の 様子など

 

載せていきたいと 思っています

 

病名は 精神障害

 

統合失調症です

 

入退院の経験もありますが

 

現在

 

就労支援に 通っています

 

本格的な 通所と 目的は

 

通所して 間もなくのころ

 

相談しましたが

 

当時は 事業所で 働くことを主とし

 

できる限り

 

社会復帰を 目指していました

 

今でも それは 変わりません

 

ですが

 

こんな わたしは

 

当時 通所する際

 

メイクをしていましたし

 

スキンケアも していました

 

ですが

 

なにかと 不十分な こともあり

 

鏡を見るたび

 

これじゃないんだけどな・・・

 

と だんだん 力もなくなっていきました

 

いくら 情報誌を読んでも

 

いくら YouTubeを 観ても

 

気持ちは 焦るばかりだし

 

まだ 自分の容姿に コンプレックスがあり

 

可愛い人に 憧れては

 

同じにしても

 

じぶんは かわいくない など

 

ふさぎ込む ばかりでした

 

行くところができて 頑張る気があって

 

それでも

 

自信がない そう くよくよ するばかり

 

そして

 

年配の メンバーさんに

 

少し ほんの少し アドバイスがあり

 

わたしの 悩みは

 

そこから 気づきました

 

できない とか こうなりたいと

 

おもうあまり

 

自分が 必要な 手段を考えていなかったことに

 

気づいて

 

それから

 

鏡をみて 考えました

 

失敗したのは

 

同じ系統の顔の人が やっていることをすればいい

 

そしたら 大丈夫だろうと

 

思っていたことです

 

しかし

 

うまくいきません

 

うまくいかないのは

 

リアルの 自分の顔を

 

そのままの かわいさを もっと可愛くすることを

 

していなかったからです

 

ひとには 

 

目があります

 

目の イメージ

 

輝き 個性など

 

自分の よいところや

 

顔立ちでも

 

パターンに とらわれず

 

良いところ 悪いところを

 

診ていないまま メイクをすると

 

いったい どうすればいいの

 

になっていたことに 気づきました

 

いい化粧品は とても良いです

 

それも 使うものですが

 

いい顔をしているときの 自分を

 

もっと よくするには

 

普段から メンタルを コントロール

 

自分色を 感じることから

 

わたしは はじめました

 

なので どうしても

 

自分の 性格や 特徴

 

また 

 

これだったら なれそうな

 

毎日を 送り

 

理想を 追及しました

 

それから

 

それだったら こうしよう ああしよう

 

などが ちらほら

 

いっぱいの中の 一つではなく

 

こんな 可能性 こんな魅力

 

そのような 開発を 感じながら

 

美容 スキンケアを していました

 

正直

 

物は 少ないです

 

ひとつではなくても

 

今は 情報が 溢れています

 

最近は ヴィセ リセェ

 

グロッシーリッチアイズ N

 

パッションレッド

 

これも 行き当たりばったりで 見つけたものですが

 

実は

 

もう一つ

 

カームピンクも あったらしく

 

パッションレッドは イエベ

 

カームピンクは ブルべの 方に

 

良いと

 

ありました

 

NiziU の メンバーさんが

 

使用している 画像を拝見して

 

近くの ドラッグストアでは

 

限定で 写真が ダウンロードできるように

 

なってました

 

ファンの方 には よい 情報かと

 

思います

 

と 近くから

 

発信しています

 

そして

 

ちょっと 話が それましたが

 

自分の 雰囲気に 合わせること

 

当時は

 

そんな 自分が いやでいやで しかたなかった

 

でも

 

それでも

 

人前に出なければ ならない

 

そんな時は

 

化粧もしない

 

そんなに みせられるものじゃない 

 

そう

 

おもっていて

 

それが

 

いまの わたしの 原動力です

 

それは ほんとうに ほんとうに

 

なんでもいいから やろう とする メイクが

 

自分の 当たり前メイクに 変わると

 

とても 強くなりました

 

いきさつは いろいろあって

 

いつか 記載したいと 思います

 

今は 言えることは

 

泣きたいときも 笑っているときも

 

どんな時でも 

 

表情は 決まっていたことに

 

気づいたからです

 

いつのも わたし いつもの きもち

 

当たり前の 自分に 気づき

 

その 当たり前の 自分に メイクする

 

その気持ちが 必要だと

 

わたしは 思いました

 

どうか 良き コスメとご縁がありますように

 

そして

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。