可愛くなるの理由

こんにちはシンクレアです。

 

このブログは 障害を持つ当人の 体験談を綴った

 

病気になっても 諦めない

 

美容 メイク スキンケアに関する 内容です

 

申し訳ありませんが

 

当人が 美容に関して

 

独学 初心者のため

 

誤った記載であることも あるということを

 

念頭に ご覧ください

 

今回は 奇麗になれば 人を好きになることも

 

自然にでてくる ことに ついて

 

書き込みたいと 思います

 

わたしは 正直 子供のころから

 

異性が苦手でした

 

ニキビ肌 クマ ヘアスタイルも

 

不器用で うまくいかない

 

わたしは やる前から 諦めていました

 

今思うと

 

当時は 障害など かかるわけない 10代の思春期

 

わたしは 今以上に こころが弱い子でした

 

簡単に言うと

 

当時はやった

 

根暗 や オタク そして 腐女子です

 

当時は 友達にも 本音で話す

 

正直な 子で

 

隠すことも 気を使うこともなく

 

自分の気持ちは 伝える

 

ちょっと 天然の入った

 

真面目な子でした

 

そのせいでしょうか?

 

誰かを好きなる年ごろの子に

 

ついていけませんでした

 

そして 持病もあります

 

よく 病院へ 行っていました

 

通ったのは 耳鼻咽喉科

 

薬をもらうのですが

 

治りませんでした

 

病名は 今から 五年前に 発覚し

 

治療し 完治しました

 

 

当時 医師の診断を 信じていたいました

 

その 答えは アレルギー性鼻炎であり

 

治療として 通っては

 

苦しみ続けました

 

それでも まだ 正常でした

 

楽しい 半面 苦しいのは しかたないと

 

明るい気持ちを 絶えず ふりまいて

 

学校も ちゃんと行ってました

 

しかし

 

働けないことに 苦しみ

 

どうしようもない 毎日が

 

進路に 立ちふさがりました

 

そして もう 無理だ

 

そう思ったとき

 

精神病を 発病したのです

 

そこから 薬をもらい

 

とにかく 休むこと

 

それが いいと そう 言われたのです

 

突然 行くところを無くし

 

突然 薬の効果で 動けない

 

そんな 10代 20代を 過ぎました

 

それでも

 

人を好きになることを 諦めませんでした

 

当時の 病院のスタッフさんを 好きになり

 

楽しい毎日です

 

そこときは 化粧にも 体形にも 

 

注意し できるかぎり

 

明るくふるまっていました

 

しかし

 

可愛くすると 案の定

 

悪い虫も つくものです

 

10歳上の 男性に 目をつけられ

 

そのまま 付き合うことに なりました

 

そして 最悪な 恋愛は 続きます

 

ここまででも

 

色濃い 時代ですが

 

これだけでは ありません

 

このとき 就職氷河期

 

友達は みんな 就職できずに

 

アルバイト

 

そして わたしが 障害者であっても

 

かまわず 自分にも 病院を紹介してほしいと

 

言うのです

 

苦しいのは解りますが

 

当時 発病した者として

 

健康の方が いいのにとは 思っていました

 

ちょっとづつしか よくならない 障害ですが

 

理解は 無かったようです

 

そして 悪い虫に 振り回され

 

結果 入院

 

そして そのまま 入退院が 始まります

 

なにもできない

 

それだけではなく

 

深い傷を 追いました

 

そこから

 

自分が かわいいと どうして 思えるでしょう

 

そして

 

どうすれば 奇麗になって

 

幸せになれると 思えるでしょう

 

はっきりといいますが

 

その気持ちは 皆無です

 

誰かが 手を差し伸べてくれなければ

 

できません

 

そして その手は 母でした

 

だから 頑張れたことも 事実です

 

このように いきさつが いっぱいあり

 

本当の 社会復帰を 目指すまで

 

時間が かかりました

 

わたしの 行いが悪いだけで

 

運命が回るのなら 本望でしょうが

 

そうでは ないです

 

そして だから

 

だから 幸せは 自分の手で つかまなければならないことに

 

焦点をさだめ

 

今 同じ苦しみを持つ 方に

 

すこしでも 力になれればと

 

ブログを 更新しています

 

いくら がんばっても

 

人は動いたりしませんし

 

動けるのは 自分だけです

 

それが 幸せであることに

 

気づいていただけたらと 思います

 

そして かわいい時代に

 

本気で 楽しかった出来事がないまま

 

入院生活

 

それを 悔やむこともありますが

 

それだから

 

ずっと 奇麗になって

 

女の子として 生まれたことに

 

喜びを 感じている 今

 

できるかぎり 幸せになろうとしています

 

そして できないことも ありますが

 

障害者だからといって 奇麗に無縁など 無いです

 

どんな 障害でも 

 

普通に かわいくすることに

 

だれの 妨害も ないです

 

そして 障害なため 必要とすることも

 

妨害はないです

 

とりわけ 障害者が 奇麗にするために

 

国が 配慮してくれることは

 

見たことはないです

 

この 時代に ほんとに

 

自己発信しか 成り立たない

 

必要なことと みなされないことが

 

歯がゆいです

 

こんな ブログですが

 

参考になれば むくわれます

 

良きコスメに ご縁がありますように

 

こころから 祈っています

 

ここまで読んでくださり ありがとうございます。